読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔ってコアラを拉致

世間様に顔向けができません

Take Me Back -Story Of The Year (+誕生日記念クソ寸劇)

歌詞転載元:STORY OF THE YEAR LYRICS - Take Me Back

Do you still remember back when days were longer, dreams were bigger then
The weight of the world had not yet landed on the shoulders of a man
(I THOUGHT) I thought that time stood still, sheltered, protected
They never told me this would end or that the leaves would fall again

So take me back, back to better days
Cause this time between is wasting me away
Take me back, when we were not afraid
Cause this time between is wasting me away

There was a day when this world went to war and didn't bat an eye
Real life in the movies felt the same to me and I never questioned why
(I KNOW) I know the difference now, between fact and fiction
But I've come to find that I've grown bitter in just 24 short years

So take me back, back to better days
Cause this time between is wasting me away
So take me back, when we were not afraid
Cause this time between is wasting me away

Wasting me away, Waste away
So now we're running, we're running blind into the light
And we fall behind
We're running and wasting away with time

So take me back, back to better days
Cause this time between is wasting me away
Take me back, when we were not afraid
Cause this time between is wasting me away
Take me back, yeah back to better days
Cause this time between is wasting me away
Take me back, when we were not afraid
Cause this time between is wasting me away

Yeah take me back, just take me back, yeah take me back
(Take me back)
Yeah take me back, just take me back, yeah take me back
(Take me back)
When we were not afraid

 

 

君はまだ覚えているだろうか
1日がもっと長く
もっとデカい夢があった あの頃を
現実の厳しさなど
まだ知りもしなかったあの頃を

ずっとこのままだと思っていた
何者にも邪魔されず
楽しい時がずっと続くと

やがて終わりを迎え
時が移ろうなどと
誰が予期し得ただろうか

あの頃に帰ろう 楽しかったあの頃に
時の流れに 押し流される前に
あの頃に帰ろう 恐れ知らずだったあの頃に
時の流れに 押し流される前に

顔色一つ変えず
修羅場をくぐり抜けたこともあった
映画の中の「現実」に
疑問も抱かず 自分を重ねていた

今や大人になり
現実と理想は違うと気付かされた
たった24年の人生で
随分皮肉になったもんだ

あの頃に帰ろう 楽しかったあの頃に
時の流れに 押し流される前に
あの頃に帰ろう 恐れ知らずだったあの頃に
時の流れに 押し流される前に

光に向かって がむしゃらに走る
疲れた足が 徐々に動かなくなりながらも
只々走る 時の流れに押し流されるままに

あの頃に帰ろう 楽しかったあの頃に
時の流れに 押し流される前に
あの頃に帰ろう 恐れ知らずだったあの頃に
時の流れに 押し流される前に

帰ろう あの頃に帰ろう
帰ろう あの頃に帰ろう
恐れ知らずだった あの頃に

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

24歳に

 

 

なりました。

 

 

 

 

24歳の誕生日にはこの曲を聴こうと

 

 

4年前から思ってたんだよね。

 

 

だから今日何か書くとしたら、これ訳したいと思ったんだよね。

 

 

4年前の予想通り沁みた

 

 

特に2番Bメロが。

 

 

 

「たった24年の人生で、よくもまあここまで皮肉屋さんになったもんだよねえ」

 

 

って言ってんの。

 

 

今日ウォークマンでこの曲しか聴いてないんだけど

 

 

今日聴くと何回でも失禁出来るよ。

 

 

おしっこ絞り出しちゃって、もはや血尿とザーメンも出るよ。

 

 

そして出たそいつをマグカップに集めて飲むよ。

 

 

ごくごく~♪おいし~な~~~♪(大爆笑)

 

 

これから24歳になる人は

 

 

誕生日にこれ聴くと良いんじゃないですか。

 

 

もう24歳になった人も

 

 

やっぱり聞くと良いんじゃないですか。

 

 

もうとっくに25歳以上だわ生ゴミ喰って死ねよ、って人は

 

 

ボットン便所に監禁されて死ねば良いんじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

ほんと、見事なまでになんにも無い誕生日だぜ。

 

 

自分にプレゼント買う気すら起きないぜ。

 

 

ケーキなんか買うくらいならTSUTAYAでなんか適当に映画借りるぜ。

 

 

今のところ今年に入って悪いこと続きだから

 

 

生きていくモチベーションも駄々下がりなんだけど

 

 

0時になって日付が16日になった瞬間

 

 

もっと生きてく自信がなくなったぜ。

 

 

あーやだやだ。

 

 

もうちょい頑張って生きてみるけどサー。

 

 

とりあえず、MAFIA3が発売して

 

 

スーサイドスクワッドが公開するまでは死ねないよなぁ。

 

 

その先やりたいこと、生きる目標が見つかるか心配だ。

 

 

何か良いことないかなー。

 

 

生きる理由がなかなか見つからないので、一人寸劇をやろうと思います。

 

 

 

俺「おい新入りィ!」パンパンパンパンパン

 

ぼく「アッアッアッスゴイはい!先輩!」ギシギシギシギシギシ

 

俺「おめぇの菊門、やたら白いな!!」ドゥッポドゥッポドゥッポドゥッポ

 

ぼく「ローション変えたんすよ!」オンオンオンオンオンオン

 

俺「白いだけじゃない、それに…」ズンドコズンドコズンドコズンドコ

 

ぼく「?」アオンアオンアオンアオンアオンアオン

 

f:id:kaitimpo:20160515212646j:plain

 

俺「柔らかい・・・柔軟剤も使ったのか!?」スパァンスパァンスパァンスパァン

 

ぼく「いえ、ローションだけっすよ!」ママァァァァァァァァァァァァァッァァァアァァァッァァァァ

 

俺「ローションだけで、こんなに柔らかくなるかよ!?」オマエガママニナルンダヨッ!!!!

 

ぼく「なるんすよ!…アレなら!」オォンオォンオォンオォンオォン

 

f:id:kaitimpo:20160515212923j:plain

 

 

f:id:kaitimpo:20160515213155j:plain

 

『ボールドがローションになって登場!!』

 

『どんなグロケツマンコも、奥の奥まで浸透して、白い清潔感あるケツマンコに!!』

 

『何週間経っても、バージン並みのふわふわケツマンコを維持!!!』

 

 

俺「ンギモヂィィィ!!!」ドビュッシーーーーーーー

f:id:kaitimpo:20160515213442j:plain

 

 

 

ぼく「はい!!!!!!」ヒグゥゥウゥゥウゥゥゥゥゥ

f:id:kaitimpo:20160515213503j:plain

 

 

『輝く白さ、驚きの柔らかさ ボールド♪♪♪』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よーっし死ぬぞ!!!!