読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔ってコアラを拉致

世間様に顔向けができません

早漏にならないために

あっびゃあああああああ

 

 

死ね

 

イングウェイ・マルムスティーンの脇に挟まれて圧死しろ

※参考画像

f:id:kaitimpo:20160411211554j:plain

転載元:http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51786570.html

 

ワキ臭そうな顔してんな…インギー…

 

 

 

 

春です。

 

活の始まりです。

 

 

あったかくなると

 

 

寮からの通学路が精子臭かった中高の通学路を思い出します。

 

 

あれ臭かったなぁ。

 

 

女子はニオイで妊娠するんじゃないかと本気で信じていました。

 

 

エアー受精、もといスメル受精ですね。

 

 

種の繁栄、ひいては地球の存続のためにも

 

 

女子諸君はザーメンを嗅ごう、いっぱい。

 

 

 

 

そんな話はどうでもいいんだ。

 

 

 

そんなことより、今はオナニーの話をしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オナニーは危険。

 

 

 

 

以下のグラフをご覧頂こう。

f:id:kaitimpo:20160411215143j:plain

 

お分かり頂けただろうか。

 

 

なんと2012年にはオナニーのし過ぎで早漏になった男性が120万人。

 

 

翌年には約160万人、翌々年には約170万人と、

 

 

その数は年々増大しているのだ。

 

 

その場しのぎの性処理であるオナニーが

 

 

こんなにも人体に影響を及ぼすなど

 

 

誰が想像し得ただろうか。

 

 

ぶっちゃけこのグラフは嘘なんだが

 

 

これでは恋人とのセックスも11秒くらいで終わってしまう。

 

 

 

仲の良いカップルも光の速さで破局するであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

童貞は好きなカップ麺の話でもしてろ。

 

 

 

 

 

 

 

ではこのような状況を打開するために

 

 

我々男性がするべきこととは何なのか。

 

 

3つの対策法をご紹介しよう。

 

 

1、尿道にセメントを流し込む

 

ザーメンの出口を塞いでしまえば、射精することは出来ません。

 

さらに、尿道から流れ込んだセメントは精巣にまで達するため

 

キャンタマはチョコボールよろしくセメントでコーティングされます。

 

オナニーに必須のツールを残らずガッチガチに固めてしまえば

 

もうオナニーは出来ません!

 

早漏にもならないというわけですね!

 

 

 

 

 

2、己のキャンタマを食べる

 

 

ザーメン製造工場として日々みんなの股間で頑張ってくれているキャンタマ君。

 

しかし元をただせば

精子を作るキャンタマが存在するからオナニーがしたくなるのだ。

 

 

 

 

ならばキャンタマがなくなれば良いのだ。

 

中国の宦官のように

 

包丁や剪定ばさみを用意して、バツンといっちゃってください。

※伐採する前に、精子バンクに精子を保管しておくこと

 

超血出るしマジで痛いから救急車呼ぶんだぞ。

 

もし救急隊員に見られるのが恥ずかしければ

 

唾でも塗っておけばそのうち治るよ。

 

 

そして分離したキャンタマ君は

 

お好みの方法で調理して食べて下さい。

 

味噌で煮込んだり

 

みじん切りにしてサラダに混ぜたり

 

カラッと揚げてキャンカツにするのも良いですね。

 

基本どんな調理方法をとっても美味しく食べられます。

 

早漏が防げる上に、こんな隠された珍味、もといチン味に舌鼓を打てるなんて

 

一石二鳥ですね!!

 

 

 

 

3、己の陰茎を食べる

 

キャンタマがなくなっただけでは満足できない?

 

性欲がなくなっても、暇オナ癖でつい陰茎に触ってしまう?

 

 

 

ならばキャンタマのみならず、陰茎も食べてしまえば良いのです。

 

陰茎の収穫方法には大きく分けて3種類あります。

 

①刃物で切断する

②力任せにねじ切る

③自フェラの要領で直に喰らう

 

①はキャンタマの時と同じ方法ですね。

 

一番オーソドックスな収穫方法です。

 

②は多少の筋力、勇気、激痛に耐えうるだけの精神力が必要になりますので

 

中級者向きの方法ですね。

 

少々シャブでもキメてラリッておくのがコツです。

 

③はかなりの上級者だけが為し得る技です。

 

なにしろ②で必要な要素に加え

 

柔軟性に富んだ体と、類いまれな咀嚼力が必須となるのですから。

 

筆者は中学生の時に友人が自フェラしている姿を目撃したことがありますが

 

あの姿勢から己のペニィを噛み切るなど

 

もはや人外の所業としか思えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

早漏が気になる、彼女に嫌われたくない、というそこのあなた。

 

前述した3つの方法から1つ選んで、実践してみませんか?

 

ちなみに本当に試したというバカがいたら、筆者のところまで報告に来てください。